新仕様に対応したモバイルWiMAXルータ「AtermWM3600R」

image

業界最長クラスの連続通信時間と業界最薄を実現した
モバイルWiMAXルータ「AtermWM3600R」を発売 (NEC)
 http://www.nec.co.jp/press/ja/1201/2401.html

製品情報 モバイルルータ AtermWM3600R (121ware)
http://121ware.com/product/atermstation/product/wimax/wm3600r/

 ポイントは4点。

  • エリア端での感度が向上し、より広くより高速に使える「WiMAXハイパワー」対応。
  • Wi-Fi待ち受けに対応し、WiMAX非通信時は省電力に。最大25時間持つ。
  • WiMAX圏外でもUQ Wi-Fiなどホットスポットに自動接続して通信可能に。
  • 新規設計のクレードル。
  •  

     大きいのは、非通信時はWi-Fiのみ起動してWiMAXを省電力化する、待ち受けモードへの対応ですね。従来モデルは起動中ずっとWi-FiもWiMAXも点けっぱなしで連続8時間しか利用できず、省電力化するには復帰に10秒以上かかるスリープモードを利用するしかありませんでした。ですが、WM3600Rは一定時間通信が無いとWiMAXを省電力化し、再度Wi-Fi機器から接続があるとWiMAXを一瞬で復帰させられます。これで、ポケットに入れたまま外出中ルータを操作せず楽に使えます。これでバッファローや一部ファーウェイの3Gモバイルルータ、auのWiMAXスマホのテザリング運用と肩を並べられるようになりました。

     エリア端でもやや繋がりが良くなるようですが、それは実機を試さないとちとわからんですね。UQ Wi-Fi対応も評価できますが、最近はWiMAXの利用可能な場所が増えたからなあ。この端末、何かで借りられたら徹底テストしたいのですけどね。クレードルと一緒に。

     WM3500Rのクレードルは装着が緩かったので改善されていることに期待。これさえ何とかなれば、外出先でのネットライブ配信向けバックボーンとしてかなり最適な端末となるので。

    “新仕様に対応したモバイルWiMAXルータ「AtermWM3600R」” への1件のフィードバック

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>