『仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦MEGA MAX』見てきた

 年末の話なんですけどね。大泉の東映撮影所近くへ数人でわらわらと。

 基本は子供向け特撮映画ながら、W、オーズ、フォーゼの2010年代仮面ライダー3作品への愛に溢れた脚本と構成。子供から大きいお友達まで大満足のデキだなーと。

 ライダー映画って客寄せのネタありきで、ネタを強引に繋いだりテレビシリーズ無視の微妙な内容ってことも多い。だが、今回はオーズのラストエピソード、今放送中のフォーゼの1エピソード、先輩ライダーとしてオーズとフォーゼを助けるWの二人も見られる本編と、人気3作品にまつわる見所を中心に据えたゲストネタに頼らない3部構成となっている。

 見所は映画ならではのカメラワークで撮影された、変身前と変身後両方のアクションシーンとフォーム技てんこ盛り。さらに音楽がもうね。アクションは3作品どれか1つでも見てたなら、絶対見るべき高密度なフィルムに仕上がっている(ストーリーはテレビシリーズ見てるの前提だけど)。ユウキも比奈ちゃんもなでしこも可愛いし、里中さん暴走しすぎw

 好調だった2010年代の3作品の魅力を引き出しすぎたため、昭和ライダーを出した点がアラに見えるほど。致命的な欠点はラストバトルのCGぐらいか。あれだけは止めて欲しかった。あと、ところどころもう1カット挟まれても良いと感じた点は、ディレクターズカット待ちだろうか。むう。

 個人的なツボでいえばオーズ序盤の演技はもちろんだけど、その後のお馴染みの場所でのアクションシーンかなあ。テレビシリーズでは難しい二人の派手な生身アクションだけど、壊れるセットを見ると寂しくなっていくというね。オーズ編の謎はラストエピソードにふさわしい内容で本当に良かった。Wの登場シーンや3人揃ったときの演技も面白い。あと、映画の最後でフォーゼの2号ライダーが変身解除して初顔出しするのだけど、劇場で後ろの席にいた女の子供さんが大声で『顔が好みじゃない』と仰られて吹いた。厳しいなあw

 えー。ケータイになんの関係があるかというと、敵役にソフトバンクCMのお兄さんが出てます。はい。

“『仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦MEGA MAX』見てきた” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>