HOYA、リコーへペンタックスのデジカメ事業を譲渡

 HOYAがペンタックスを買収したときも、法人医療用向けはともかく双方誰得状態。デジカメユーザーとしても、デジカメ事業をフィルム時代の国内カメラメーカーブランドよろしく素性の悪い海外企業へ売却するのではとヒヤヒヤしていたのですがこれで安心。

 ただ、リコーが一眼レフの纏まったシェアと販売網を手に入れる以外の補完関係があるかというとやや微妙なのですが。趣味的な単焦点レンズや一眼レフ機構など光学設計に強いが、デジタル処理や動画周りは上位メーカーと比べ一歩劣る状況が続きそう。立ち消えになったJVC・ケンウッドによるペンタックス買収話も良かったのですけどね。

 小型レンズ交換カメラに注力するのはいいけど、既存の一眼レフ向けにリモートコントローラーとシフトレンズ出してクレヨン。中判兼用でいいから。

「HOYA、リコーへペンタックスのデジカメ事業を譲渡」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。